りょう歯科クリニックは衛生第一に考えています

皆さんが歯医者に通院されるときは歯が痛くてあまり気にされないかもしれませんが、歯医者とは大勢の人が出入りするところであり、むし歯菌をはじめとするさまざまな細菌が潜んでいるお口の中を削ったり、治療中の水が飛び散ったりするところでもあります。ですから、清潔な空間を保つことが院内感染などの事故を防ぐために非常に重要なのです。

多摩センターの歯医者「りょう歯科クリニック」は、院内の清潔感にもこだわりをもっています。徹底的に滅菌された治療器具、菌の飛散を防ぐ空気清浄システムなどはもちろん、患者さんが利用するスリッパも除菌したものをお出ししています。その他、当院の設備を以下でご紹介いたします。

待合室

スリッパはすべて除菌されていますので、安心してご利用ください。入口すぐの棚の中、お子様用は棚の脇にございます。
受付へ診察券と保険証をご提示後、待合室でお待ちください。

診療室(治療)

診療室はいくつかありますがそのひとつ目が治療ブース。患者さんがお口の中の状態をよく見て納得しながら治療を進めるため、マイクロスコープの設備を整えています。モニターを通して、現在の治療の様子をご覧いただけます。
また、患者さんの痛みの軽減も心がけています。麻酔の痛みのもとである麻酔薬の注入速度を自動で制御できる電動麻酔器や、緊張感を和らげる働きを持つタイプの麻酔(笑気麻酔)も導入しています。

当医院では痛くない治療を心がけています

また天井に空気清浄機が取り付けられています。むし歯を削ったときに浮遊する歯の削りかす、ちりやほこり、などを吸い取り、クリーンな空気を保ちます。

診療室(親子ルーム)

少し広めのお部屋で親子ご一緒に予防のお話を聞くことができます。診療台にまだ座れないお子さんは、膝の上でお口の中を見ることができるようになっております。

診療室(予防)

個室で周りを気にせずに受けることができます。またモニターでご自分のお口をご覧いただくことで、どのように予防を進めていくべきかを納得してお聞きいただけると思います。この予防ルームでは、その他にお口の中のお掃除や、お子さんのフッ素塗布などを行っています。

キッズルーム

おもちゃや絵本で遊べる広いスペースがあります。子預かりサービス(無料、要予約)もございます。有資格者が子預かりいたしますので、なかなか歯医者さんに行きたいけどその間お子さんが心配・・・そんなお悩みのあるママさんも安心です。

レントゲン室

当院ではデジタルレントゲンを使用しています。デジタルレントゲンは、従来のものより格段に被ばく量が少ないとともに、現像液などの有害廃棄物が出ないなど、人体、環境にやさしいのが特徴です。

歯科医院のレントゲンについて

また、最新のX 線画像解析システムを導入しているため、正確でスピーディーな診断が可能です。
お子さんの場合歯の生えかわりに問題がないか見ることができます。

パノラマ写真はむし歯だけでなく歯の根の状態、親知らずや歯を支えている骨の状態、そして顎の関節や上顎洞の様子など総合的に見ることができます。

滅菌室

滅菌機にはドイツ製の「ダックユニバーサル」という機材を用いています。歯を削るハンドピースにはお口の中のさまざまな細菌やウイルスが付着しますが、「ダックユニバーサル」を使用することでハンドピースの内部外部に付着したそれらの汚染物をすべて洗浄、滅菌できます。
厳しい衛生基準をもつヨーロッパで使用されている機材です。

ディスプレールーム

歯に関するグッズが分かりやすい説明とともにたくさん並んでいて、見ているだけでも楽しくなるようなお部屋です。ご購入希望のものがございましたら受付スタッフまでお申し付けくださいますようお願いいたします。

当医院では痛くない治療を心がけています

歯医者を苦手とする理由に、「麻酔の痛み」がよく挙げられます。お口の中は特に敏感で、注射針が大きな刺激になるためです。麻酔が痛くなる理由にはいくつかありますが、一つは針の太さと関係があります。針が細ければ細いほど痛みは軽減するため、当院では現段階で入手可能なもっとも細い針(約0.2mm)を使い、なるべく痛みを和らげるように心がけています。また、麻酔の注入速度も痛みと関係しています。適切な注入速度に自動で制御できる麻酔器を使用しております。

場合によっては緊張感を和らげる働きを持つ笑気を吸入するタイプの麻酔も使用します。痛みを少しでも和らげるためにさまざまな対処を行っていますので、麻酔が苦手な方でも安心してご来院ください。

歯科医院のレントゲンについて

最近は放射線への意識の高まりから、レントゲン撮影について心配なさる方も増えてきています。ですが、歯科医院で撮影するレントゲンからの被ばく量は健康に重大な影響を与えるものでは決してありません。
人間は日々の生活の中で自然界などから放射線を浴びています。日本では、その被爆量は、年間で約1.5mSv(ミリシーベルト)。それに対して、歯医者でのレントゲン撮影で被ばくする量は、歯の一部の撮影で0.01mSv、お口全体の撮影でも0.03mSvです。これは、自然界で被爆する量の約3~5日分にすぎません。

不要なレントゲン検査は論外ですが、被ばくを恐れてレントゲン撮影を避ける必要はないと考えています。それ以上に、必要な検査ができずに治療に影響を及ぼすことがかえってよくない結果を招くかもしれません。