りょう歯科クリニックの特徴

原因とその対策を考えたケアや治療

なぜ、むし歯になってしまったのか
なぜ、歯周病になってしまったのか

原因がわからないまま表面的に治したとしても、原因が改善していなければ再発してしまいます。
精密検査の結果からむし歯や歯周病の原因を追究して、それに基づいて予防・治療・メインテナンスのプログラムを作成し、個別にご説明をしております。

親子感染について

むし歯菌はそもそもどこからやってくるのでしょうか。 一番の原因は親子感染です。感染してもその後のケア次第で予防するこ とができますが、ご家庭でのケアがとても大事です。また、お子さんは 自分の意志で歯医者さんに通ったり率先してケアをしたりすることは難 しく、ご家族の方のご協力が必要です。 できるだけ親子で受けていただくことをお勧めします。

むし歯はうつる!?

結論から言えば本当です。
むし歯は感染症であり、ミュータンス菌などのむし歯菌は、親の口から子供の口への感染によって、口腔内常在菌(口の中に住み着いてしまう菌)になると言われています。
よく遺伝するとも言われますが、食生活の類似により歯の状態が親子とも同じようになる説が有力です。口から口への感染が原因だと言われるならば、うつらないようにするためには、キスもしちゃダメなの?ってことになってしまいます。

しかし、むし歯予防のために親子の大事なスキンシップを犠牲にしていいのでしょうか?それよりまず、歯磨きを習慣づけさせて、フッ素塗布により予防をし、3 歳くらいまでは飴やチョコレートなど甘い物を与えないようにしましょう。そして、ご両親自身、子供の見本になるようにしっかり歯磨きをしましょう。そんなお父さんお母さんを見ていれば、自然とお子さんは真似をして歯磨きをするでしょう。

ただ、キスをしたり口移しで物を食べさせる際、親にむし歯があると、むし歯 の感染率は跳ね上がります。
子供ができたとわかったら、早い時期にむし歯を治療してしまいましょう。特にお母さんは、妊娠中、治療を控えた方が良い時期がありますので、早めに治療計画を相談したほうが良いと思います。

お子さんの歯を守るために

お子さんが歯医者さんに楽しく通ってもらいたい、そのような思いから楽しく遊べるキッズルームや子預かりが生まれました。またお母さんも一緒に歯を守れればいいな、ということでマタニティ歯科やマイナス一歳予防も行っています。

さまざまなシーンでカウンセリングがあります

はじめてのご来院時のカウンセリングでは、当クリニックのコンセプトだけでなくお子さんの生長に合わせてどんなことに注意をしていけばよいのかなどをお話しています。また、お口の中のお悩みなども親身になってお伺いしております。
また、検査後や治療前にもカウンセリングがあり、お子さんのケアや治療に対する不安などもお話いただけ、ご納得いただいた上で治療を進めています。
治療が一段落してメインテナンスに進むときもお一人おひとりに適したケアの仕方やメインテナンス時の注意することについてもご相談を承っています。

治療では心のケアにも力をいれています

残念ながら治療が必要になってしまった場合でも、できるだけ痛みの少ない処置を目指しています。

【お子さんの麻酔後の注意】

麻酔は1時間ほどで徐々にさめてきますが、その間、唇やほっぺの内側がしびれるなどの違和感がありますので以下のことにご注意ください。

  1. 1. 麻酔がさめるまで食事をしないでください

    麻酔が聞いている間はあやまって唇やほっぺを咬んでも気づきません。そうすると麻酔がさめてから痛んだり腫れたりします。

  2. 2. ほっぺを触りすぎないようにしてください

    しびれていると触った間隔が面白くでほっぺを触って遊びます。爪を立てたり触りすぎると腫れることがあります。

  3. 3. ほっぺを咬まないようにしてください

    違和感があるとほっぺを触るだけではなく歯でお口の粘膜をはさもうとします。お口の粘膜が傷つくと口内炎ができ痛みの原因になります。

担当制でメインテナンス(定期管理)を行っています

治療が終わった後も定期的にお口の中を管理し、良い状態を一緒に維持してゆきます。

幼児〜小児の定期検診・メインテナンスの重要性

予防こそが最善の治療です

永久歯に生え変わるまでの乳歯には、とても重要な役割があります。
個人差はありますが、だいたい12歳くらいまでが生え変わりの時期です。
幼児や小児の時代に健全な乳歯で過ごすことこそ、その後の長い人生を支える永久歯とうまく付き合える鍵なのです。もし、残念ながらむし歯ができてしまっても、その後の歯みがきや生活習慣などを改善していけば、むし歯に対する抵抗力が高まり、むし歯を予防することができます。
当医院では、むし歯のチェックと治療のみを目的とした定期検診ではなく、大切なお子様の歯を守り、一生おいしく食べられるためのお手伝い をさせて頂きます。

子預かり&キッズルーム利用でのお願いごと

【子預かりについて】

●子預かりは選任スタッフが担当するためご利用については事前予約が必要です。

●子預かり対象者:乳幼児~就学前

※当クリニック受診の患者さまとご家族に限ります

大きなお子様のキッズルームの利用に関しては予約の必要はありませんが、小さなお子様がいる場合、ご利用を控えさせていただくことがあります。あらかじめご了承くださいませ。

子預かりでご準備いただくもの<必要な方>

・ミルクなど ・使い慣れたおもちゃ ・着替え ・おむつ ・ビニール(汚物入れ用)
※お子様の使用後のおむつはお持ち帰りくださいますようお願いいたします

キッズルーム利用について

キッズルームご利用の注意点

  • ・スリッパを脱いでご利用ください。
  • ・周囲の方へのご配慮をよろしくお願いいたします。(特に小さなお子様がいる場合、ご利用を一時控えさせていただくことがありますのでご了承ください)
  • ・後のご利用の方のために、後片付けをよろしくお願いいたします
  • ・子預かりが必要な場合は保育士が担当するため完全予約制です。また、ご利用対象年齢をご確認ください。
  • ・キッズルーム使用における費用は一切かかりません。
  • ・その他ご利用に関する詳細はスタッフにお気軽にお尋ねくださいませ。

利用者の声

  • 選任のスタッフがみてくれるので安心して通院できます(30代)
  • 子どもが小さいと自分の用事は後回しになりがちですが気軽に通えるので嬉しいです(30代)
  • 子どもがキッズルームを気に入っていてクリニックに来るのを楽しみにしているので助かっています(20代)

診療時間・休診日について

診療時間 9:00~13:00 / 14:00~17:30
休診日 木曜・日曜・祝日

お問合せについて

初診問合せ先

TEL:042-319-3067

お電話にてお問い合わせくださいませ
お問合せ受付時間 9:00~13:00 / 14:00~17:30

初診の方ははじめにカウンセリングがございます。
当クリニックのコンセプトを理解していただきご納得された上で受けていただきたいからです。
お痛みがあるなど応急処置が必要な場合はカウンセリングの後に処置がございます。 応急処置をご希望の方はお問い合わせのときにその旨をお伝えくださいませ。

はじめての方へ

セカンドオピニョンをご希望の方

セカンドオピニョン料金 30 分 3000 円+税

セカンドオピニョンは自費となります。
初診お問い合わせのときにその旨をお伝えくださいませ。

紹介状お持ちの方へ

初診お問い合わせのときに紹介状をお持ちであることをお伝えくださいませ。
紹介内容により必要な検査が異なります。